« THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!メモ起こし前編 | トップページ | イベント用スペース »

アイドルマスター×声優グランプリ トークイベント ※歌はありません

イベント現場で書いたメモ起こしです。
発言違いがあるかも知れません、ニュアンスが伝わりにくいかもしれません
特に語尾の感じはめちゃくちゃだと思います。
こんな感じだったんだなと、雰囲気をお楽しみください。

====================================

アイドルマスター×声優グランプリ トークイベント ※歌はありません
 
アニメイト横浜
9月11日(土) 2回目 15:00開始 
 
参加者約200人
開始前に誰かの携帯電話からバットコミュの音が聞こえ、場内に笑いが。
 
 
司会役:声グラの森本さん
 
森本「元気ですかー」
\わーっ/
 
森本「撮影、録音禁止。ツイッターも止めてくださいね」
  「終わった後に良かったこと、…良かったことだけを書いてくださいね」
  「今日は200人なんですけど、2000人とか書いてください。声グラでは20000人て書きますけど」
 
イベントスタート
 
ステージ左から、アッキー・あずみん・えりりん 
 
アッキー「みなさん、こんにちはー」(マイク微妙)
\こんにちはーっ/
 
アッキー「あれえ?」
???となるアッキーの横ではあずみんとえりりんのマイクが絡んでた
 
えりりん「浅倉と絡まってた…。 やり直そう。 20000人もいるとすごいねー」
 
 
アッキー「トークイベントはじまりましたー 自己紹介をー」 
 
えりりん「中村繪里子でーーーす、私のこと知ってるヒトー?」
\はーい!/
えりりん「私って…セクシー?」
\セクシーっ!/
 
あずみん「萩原雪歩役、浅倉杏美です、私のこと知ってるヒト?」
\はーい!/
あずみん「若干、全員では無いですね…」
えりりん「あーほら20000人もいるとねー」
 
アッキー「横浜暑かったですかー」
\はーいっ/
アッキー「長谷川明子です」
 
えりりん「さっきのセクシーだけど、レディーガガがイベントでケンカが始まっちゃって、それを止めた後言ったせりふなんだって!」
    「だから、浅倉にも事あることに言って欲しい」
 
アッキー「それでは座らせてもらいます」
がちゃんがちゃんとあずみん・えりりんがぶつかる
あずみん「いい感じでぶつかりますね」
  
えりりん・あずみん ストローの袋を持って…
 
アッキー「さっき、ストローの袋を飛ばして、眉間にぷって…」
 
えりりん・あずみん 攻撃
 
アッキー「あーーー」
 
 
(とりあえず、落ち着いて) 
アッキー「マジ、アレっすよー、ヤリますよー(怒)」
えりりん「勘弁してくださいよー」
 
(気を取り直して、スタート)
アッキー「せーの!!」
 
…動かない繪里子
\えーっ/
 
アッキー「台本上はここでアイドルマスターって言うはずなのに…」
    「台本がココ(えりりんの前)に無いっ!」
 
 
(さらに気を取り直して、スタート)
 
えりりん「アイドルマスター!」
あずみん「声優グランプリ!」
3人「トークイベント!」 
 
 
あずみん「1回目はこう進んでましたよ」
アッキー「人の眉間に………」
えりりん「ほら、時間がないよ」
アッキー(うー)
  
アッキー「表紙を飾らせてもらいました声優グランプリ」
    「今回初めて買った方ー」
\七割くらい?/
 
アッキー「毎月毎月毎月毎月毎月買っている方ー」
\ちらほら/
 
 
えりりん「今回、2冊買った人が多くて…、両面あるでしょ」
立ち見席で合体表紙を実行する人
えりりん「あーそういう風に。こうくっつけて飾りたい」
 
アッキー・えりりんで表紙の裏表合体
 
えりりん「浅倉の顔見えなくなった…」
    「長谷川の罠だね」
アッキー「えー」 
    「あずみんはわかってくれるよね」
  
 
アッキー「撮影の思い出話トークをしていきましょう」
 
あずみん「あっこちゃんとは違う日で…、あ、あっこちゃんって呼んでいるんですけど」

(この辺でバタバタする:メモが空白)
 
えりりん(アッキーに)「しっかり進行しないと…」
アッキー「あとで、アレっすよー、鼻とか気をつけてー」
 
 
あずみん「繪里子さんと一緒の日に撮影したんですけど
     表紙別に別れててー
     えと?裏チーム?
     あっと、Aチーム?みたいな」
\どよどよ/
 
えりりん「Aチームって言うと、…………特攻野郎!!」
あずみん「OKですか?」
えりりん「大好きでー」
 
あずみん「…繪里子さんが喜ぶと思って言いました(てへ)」
 
 
えりりん「私は、スタジオに貼ってある龍馬伝のポスターのでっかい福山にテンション上がった」

えりりん「福山見てるよー…」
あずみん(吹いた?)「フヒヒヒ」
\わー/
アッキー「活字で「フヒヒヒ」って書かれちゃう!」
\笑いと拍手っ/
 
 
アッキー「初日チームのお話を…」(あずみんに振る)
あずみん「えっ?いきなり」
えりりん「(私が)場をあたためてもいいけど、…1時間半くらいしゃべるよ」
   
あずみん「撮影は繪里子さんがはじめに…」
えりりん「違うよ」
 
えりりん「トップは下田…
     釘宮…さん
     中村…
     その他 みたいな?」
 
あずみん「メイクルームにおかしとかせんべいとかいっぱいあったんですけど
     入ってきた時、(えりりんのマネ)「わー、これ食べていい?」って言ったら
     原由実ちゃんが(はらみーのマネ)「あっ、なんか、由実も終わったら食べていい?」って言ってたこと」
\笑いと拍手っ/
  
えりりん「(話が)ちっさ!」
 
 
 
えりりん「浅倉と釘宮さんと私を挟んで撮ったんですけど、仕事の一環でー、『はっちゃけてください』って言われて
     はっちゃけたら、浅倉の髪のくるくるしたところと絡んじゃって動けなくなって
     後でその写真が大量にチェックに上がってて」
アッキー「載ってないの?」
えりりん「OK出したんだけど、ほら声グラさんの格ってあるでしょ…」
 
えりりん「その時、どうしましょ?ってしていたら浅倉の横で釘宮さんが「ん?」って顔してたの」
 
 
えりりん「あと、私がアイアンクロー決めてる写真が採用されてる」
あずみん・アッキー「どこ?」
 
アッキー「あった!!声グラの教科書15P!」
えりりん「今、確認した」
 
 
あずみん「それ以外にも繪里子さんかましてて…ふたつ
     ジャンプして撮るときものすごくズレる
 
     どうも…ひとりタイミングのズレる人が…
 
     赤い帽子の人が…」
 
あずみん「そしたら麻美さん、今井麻美さんが(ミンゴスのマネ)「えりちゃん、たぶんワザとずらしてるんだよー」って」
えりりん「目が怖かったけどね」
 
☆あずみん・えりりんで実演
アッキー「3・2・1・ぴょん!」
☆やはりズレる
   
えりりん「せーの!にしたの」
☆再度あずみん・えりりんで実演 
☆お約束のようにズレる
 
えりりん「これでものすごい体力消耗した」
 
 
あずみん「あと撮影中に、もぞもぞ背中がして、ずっと取ってたら…
     どうやら繪里子さんが触ってたみたいで!」
えりりん「リラックスするかなー?って、思ってー」
アッキー「セクハラですよー」 
えりりん「その時の写真、一番いい笑顔、アタシだった!」
 
 
えりりん「休憩時に浅倉にあだ名をつけようって話になって」
アッキー「ラジオでやったじゃ…」
 
えりりん「その時もやって、ラジオはアイステの方が先で」
\あーーーーーーーーー/
 
えりりん「でも私、あんまりマーガリンとかー」
アッキー「繪里子さんだって小鼻触るもんー、大仏じゃないもんー」
えりりん(森本さんに向かい)「ちょっと大仏っぽいー」 
 
 
えりりん「イメージがためしよう、国に例えると何か…と、
     フロンティアワークスのラジオdeアイマSTAR☆でやって(と宣伝)
     ありがとうございます!
 
     間違えてたのラジオではなんて言ったっけ…」
\しーん/
アッキー「あれ?」
 
えりりん「ラジオではポーランドって言ったんだけど、スイスでした」
 
あずみん「…もうね。どっちでもいいです」
\大拍手/
 
あずみん「どっちも光栄なんですけど
     マーガリンもバターよりもカロリーないし
     こってり系の中ではまだ…」
アッキー「あずみんに収まって良かったね」
あずみん「えー」
 
 
えりりん「でも、浅倉って呼んでる」
あずみん「前はあずちゃんだったんですけど
     そうしたら今井さんが「アイドルマスターに入ったからじゃない」って」
えりりん「そうだ!ライブから呼んでるや」
あずみん「仲間入りできた!」
\大拍手/
 
 
 
アッキー「今日は、出演者に「他」ってなってましたね」
\おーっ/
アッキー「お呼びしましょうー
     はーーーーー(深呼吸)
 
     バンダイナムコゲームス、サウンドプロデューサー中川さんですー」
\わーっ/
 
中川「中川と申します、よろしくお願いします」
えりりん「ティッシュ持ってきてって言ったのに!」
アッキー「なんで(中川さんと)五分みたいなんですか!」
 
中川「なんてことない平社員ですよ」
 
えりりん「長谷川にオタクリエーターって言われてるだけはある」
アッキー「えー!?」
 
中川「言ってないですよ!…僕の前では
   中村さんから聞いたんですけど」
アッキー「えー!?」
 
えりりん「誰かから聞いて、情報を横流し…」
あずみん「伝達手段がしっかりしてないですね」
 
 
アッキー「中川さん、戦場カメラマンの方に似てますよね
     『あのー』って感じの」
 
(話戻って)
中川「熱いライブでした、演者さんも裏は大変だったろうな…と」 
えりりん「中川さんもくれば良かったのに」
中川「僕、表にいるんで」
 
アッキー「あー(ふろく小冊子を持って)この中に中川さんいるんですよ」
 
中川「裏方の黒子さんは黒い服着るの知らなくて…」
えりりん「あーアイツ赤着てるぜ、って言われますよ」
 
(表紙手前にいる赤シャツがそうらしいです)
 
えりりん「あとー、中川さんが控え室来てー
     (中川さんのマネ)「中村ー、知ってるか?なんで黒いシャツ着てるか?」
     って、言うんですよ」
中川(あうあう) 
えりりん「黒子さんはー見切れちゃったりした時目立っちゃいけないから黒いの着るなんて
     キホンですよ!!!」
\笑いと拍手っ/
 

(なんだか、声グラに出てどうだったかの話に)
中川「アウェイすぎてー
   ゲーム雑誌なら出たことあるんですけどー」  
えりりん「そうだ!声優雑誌だった!」
 
中川「撮影もバンナムチームはふたりともスリッパで…」
 
森本「編集的にはOKだったんですけど、デザイナーが許さなかったみたいで」
 
アッキー「今日も半ズボンだし」
中川(ごにょごにょ)
 
えりりんハマってしまったらしくまともにしゃべれなくなる
 
中川「これ三浦海岸行ってきますみたいだし、…ライブの話にならないですね」
 
 
 
中川「浅倉さんはライブのリハーサルで通しを流れでやる時、
   演者さんは自分の番になると出てくるんですけど
   ずっと後ろで先輩の様子を見ていてえらいなー…と」
あずみん「どこで落とされるかと思ってドキドキした」
 
あずみん「中川さんは気さくで話してくれたりするんですが
     この間「浅倉さんあざといなー」って言われて…」
中川「いや、女の子女の子しているなと
   なんだろ?
   (他のガールズ)みなさん、たくましく生きて…
   すばらしく強い…
   個性が強い…」
アッキー「言葉選んでますね」
   
中川「浅倉さんほんわかしていて、会話の時も目を見て「はいっ」って
   おおっ!って感じで」
えりりん「ドキドキしてるんでしょ」
あずみん「誉められてるかどうかわからない」
 
えりりん「そういえば控え室で…言っちゃダメ?」
アッキー「どんな内容」
 
えりりん「中川さんの会話の途中で、”厚化粧”って聞こえて、何事って!?」
あずみん「中川さん大っきらい!」
 
中川「あまりにも雑草の中で…」
えりりん「浅倉の目を見て話して」
中川「全然ライブの話にならないですね…」
 
 
(ライブ話に戻って)
 
中川「本番前の緊張がすごいな、と。PA席で僕ドキドキしていましたもん
   キモチ悪いオタみたいに…」
あずみん「ダンスは、パキ・パキって合わせて、レベル高くて
     憶えられない所はぬーぬー、はらみー、あっこちゃんに手伝ってもらって
     気づいたら、袖に立っていた…。すごい貴重な体験でした」
 
中川「♪顔を上げて、みんな笑顔~ の所で階段下りたり…」
あずみん「練習でも上を向いて階段下りて、って、宝塚かっ!
     階段高くて無理ーって、本番の時♪顔を上げてってのに下見て下りてました」
中川「あれで転んでいたら伝説でしたよね」
えりりん「春香が「よし!」みたいな」
 
中川「JCBの…」
\あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ/ 
 
えりりん「中川さん、だいっキライ!!!」
 
中川「♪仕事に練習 寝る間惜しんで! 
   って、ボーカルアクシデント…
   そんな主役」
 
あずみん「私も勉強させてもらって、DVDもらったり買ったりして…
     見たら、ボーカルアクシデント」
 
中川「最新技術使っても直せないですよ」
\笑いと拍手っ/
 
えりりん「中村的にどーする?って聞かれて…、
     やっちゃったしー
     成功したのがある訳じゃないし…
 
     あの時ニコニコ生放送で…大きな発表があって…なんで全世界に」
 
えりりん「5thで ♪仕事に練習 のパートを歌うことになって、今度こそと」
中川「禊ぎだ」
えりりん「よくよく見たら、宏美ちゃんと歌うことになってて、
     (ひろりんマネ)「中村、がんばろうね!」って
     余裕のある気持ちでできました」
 
中川「あの部分、ずっと変わらないですよ」
えりりん「アレンジが入っちゃったかな…、
     ライブは怖いね!」
アッキー「生き物ですからね」
 
 
 
森本「それでは質問コーナーへ」
 
質問者「お三方へ質問です」
森本「中川さんはいいですか?
   僕はいいですか?」
 
Q.声グラに出るにあたり努力したことはなんですか?
 
えりりん「サイズがパツパツだったんで…、下半身パツパツで上半身ぶかぶか
     ジャケットの背中を止めてもらってて、動くとパーンって取れるから
     なるべくうまく動くようにしました」
 
あずみん「衣装を用意してもらって、3着くらい
     役のイメージに合わせて、かわいすぎず、ハードすぎず、相談して決めました」
あずみん「ピアスしているんですけど、この時はイヤリングで、撮影中に左側だけ無くなって…
     見つからなくって、最終的に髪型を変えました」
 
アッキー「ワタクシはー、爪を無くしてしまって
     つけ爪なんですけど、白と黄緑の美希カラーで気に入ってたんですが
     仕方ないのでこうやって」
 
    (不自然な指の曲げ方を披露)   
 
えりりん「新しすぎる!」
アッキー「格闘まんがみたいな!強いなー!って
     チェックしている時も”んー、手がヘン”と思いました
     付いてるバージョンが表紙になって良かった」
 
中川「このままですね、ビーチサンダル、カットされましたけど」
 
 
質問者「僕も中村なので中村さんへ」
えりりん「自問自答みたい」
森本「仕込みですか?」
 
Q.横浜で好きな場所はどこですか?
 
えりりん「自分家のベッド!」
 
えりりん「間違ってないよ」
アッキー「行けないじゃないですか!来ちゃいますよ!」
 
森本「やっぱり仕込みでしょ!いいですか答えこれで?」
 
えりりん「中村にはウソはあるが二言はないっ!!」
 
 
Q.5thライブのダンスで一番大変だったところは?
 
アッキー「relationsですかね、歌いながら動くので」
えりりん「ブレちゃうでしょう、芯が」
アッキー「ターンする時、マイクオフってますって(中川さんに)」
えりりん「普段収録の時は芯(マイク)に向かって録るからね」
 
 
あずみん「GO MY WAY!!の方が、憶えるのが大変で、5分で長くて
     リハーサルの時もミラー見ながらやるんですけど隣の繪里子さん見ながら、同じ所で間違って」
アッキー「繪里子さんがあずみん見てたでしょう」
えりりん「なんで分かったの!」
 
あずみん「もう一人隣がぬーぬーで、ダンスの先生が「憶えるまで沼倉だけを見なさいっ!」って」
\笑いと拍手っ/
えりりん「まっ適当なんですよ、こんな感じーって楽しくやってるけど、憶えるなら、ねぇ…」
 
 
 
えりりん「乙女の時にせり上がったんですけど、下にいる時立つと頭が出ちゃうので曲に合わせて立つの」(実演)
えりりん「ずっとイメトレしてた」(くりかえし実演)
 
アッキー「オーバーマスターもそうで、体育座りしてて自分でこうやって」(セクシー実演) 
えりりん「半分、人力みたいな」
 
えりりん「浅倉も機会があったらやってみて」
あずみん「ベストポジションを探してみます、機会があったら」
 
えりりん「そのためにみんなのチカラが必要」
中川「みんながリフター作るんですか?」
 
えりりん「ライブですよ」
\わーっ/
 
アッキー「みんなにリフター支えてもらったりして、「ぐらぐらする」とか」
えりりん「「右、下がってる」とかね」
アッキー「スクワットしておいてください」
 
 
Q.First Stage(M@STER VERSION)収録の時の話を教えてください
 
あずみん「えっと、ダウンロードしてもらわないと(この話)面白くないのでー」
\拍手/
 
あずみん「一番だけのバージョンもありますので…(笑)
     今はゲーム版の収録をしているので、長いなーって
     その分、レコーディングも楽しめて、中川さんとも相談して…」
 
中川「…聞いてなかった」
アッキー「どうでもいいんだ」
えりりん「負けないで」
 
あずみん「曲調が控えめだったので、今まで録ったTHE IDOLM@STERとかThe world is all oneは、がんばってる!って感じだったから
     すごく集中して一回一回録りました」
中川「雪歩らしさがどこらへんか見付けて、雪歩で固まれば、
   言葉のように歌う歌なのでブレることなく録れたから
   仕上がりがいいです」
 
あずみん「それを評価してもらいたいので、ぜひダウンロードしてください!」
アッキー「流石です」
 
 
森本「…後半、殺伐としてましたけど大丈夫ですか?」
 
えりりん「皆さん、楽しんでますよねー?」
\拍手ーっ/
 
 
抽選会
  
賞品は3人のサイン入りポスター
 
中川さんが舞台裏に抽選箱を取りに行き、笑いが。
 
 
えりりん「中川さんもサイン書く?」
\裏にー/
 
森本「…中村さん、進行があるので」
 
アッキー→あずみん→えりりんとひとりずつ抽選、当たった方おめでとう
 
 
最後にあいさつ
 
中川「アイドルマスター2、開発急ピッチで進めています
   MAプロローグでは団結の新作が出ます、この団結がおもしろいこと
   石原君が作詞したんですけど、ツッコミどころしかない
   貴音と響も出るので楽しみにしてください」
 
アッキー「暑い中ありがとうございました。ふたりにストロー攻撃とか受けましたが」
えりりん・あずみん「決まったね」 
アッキー「ずっと見守っててください!」
 
 
あずみん「はじめてのトークするイベントで緊張しました。
     ゲームショウでステージもあります。はらみー、ぬーぬー、下田麻美ちゃん、若林さん…」
中川「あと、ガミPも!」
 
あずみん「チェックしてください、よろしくお願いします」
 
 
えりりん「中村繪里子です!あっという間の1時間でした
     見えますかー?後ろーー」
\わーっ/
    「真ん中ー」
\わーっ/
    「一番前ー」
\わーっ/
 
えりりん「これからも応援よろしくお願いします」
 
えりりん「…ところで、私、セクシー?」
\セクシーっ!/
 
4人「ありがとうございました」
 
(拍手の中退場、終了)
 

|

« THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!メモ起こし前編 | トップページ | イベント用スペース »

アイドルマスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57512/49431709

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルマスター×声優グランプリ トークイベント ※歌はありません:

« THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!メモ起こし前編 | トップページ | イベント用スペース »